南極地域観測50周年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

 

「南極地域観測50周年記念硬貨を売りたいんだけどどのくらいの価値があるんだろう?」

何て疑問はありませんか?

南極地域観測50周年記念硬貨は、日本が南極に昭和基地を開設し、南極地域観測を始めてから50周年を記念して発行された記念貨幣です。
500円ニッケル黄銅貨が単品で販売されたほか、通常貨幣と一緒にプラスチックケースに入ったミントセット(貨幣セット)も発行されています。

記念貨幣を持っていると、今どれくらいの価値があるのかとても気になりますよね。
コレクションを処分しようとして、どこで売ったらいいのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

今回は、南極地域観測50周年記念硬貨がどういった特徴をもつ記念貨幣なのかといった基本情報から、気になる買取価格の相場、記念貨幣のおすすめの売却方法まで、詳しくご紹介します。

test

南極地域観測50周年記念硬貨とは?

日本は1957年(昭和32年)1月29日に昭和基地を開設し、南極地域の観測を開始しました。
南極地域の観測は各省庁が連携した国家事業として行われ、地球環境の変動などに関する多くの成果をもたらしました。

南極地域観測50周年記念硬貨は、南極地域観測が開始されてから50周年を記念して、2007年1月に発行された記念貨幣です。
種類は500円ニッケル黄銅貨1種類で、正式名称は「南極地域観測50周年記念500円ニッケル黄銅貨幣」といいます。

南極地域観測50周年記念硬貨は単品で販売されたほか、通常貨幣と一緒に専用ケースに入ったミントセットが18万セット販売されました。

南極地域観測50周年記念硬貨の特徴

南極地域観測50周年記念硬貨は、以下のような特徴をもつ記念貨幣です。

・大きさ:26.5mm
・質量:7.0g
・素材:ニッケル黄銅
・素材比率:銅720、亜鉛200、ニッケル80
・販売価格500円(ミントセット:2,400円)
・発行枚数660万枚(ミントセット18万セットを含む)

大きさ・質量・素材は、通常の500円硬貨と全く同じです。

映画『南極物語』の題材になった2頭の犬が描かれている

コインの表には、初代南極観測船の「宗谷」と、樺太犬の「タロ」と「ジロ」が描かれています。
裏面には南極大陸の地図とオーロラが描かれており、南極大陸の地図には日本の観測施設がある4つの場所に星印がつけられています。

「タロ」と「ジロ」は、初期の南極地域観測隊に同行した兄弟犬です。
犬ぞりを引くために観測隊に同行した23頭のうちの2頭で、1958年に急な天候悪化によって南極に取り残されてしまいました。
生存は絶望視されていましたが、1年後に観測隊が基地を訪れると「タロ」と「ジロ」の2頭が生きており、「奇跡の生存」として大きな注目を集めました。
この2頭の物語は映画『南極物語』の題材にもなっており、日本の南極地域観測を代表するとても有名なエピソードです。

南極地域観測50周年記念硬貨には「タロ」と「ジロ」の姿が描かれており、南極地域観測を象徴するデザインに仕上がっています。

ミントセットも販売されている

南極地域観測50周年記念硬貨は単品の販売だけでなく、通常硬貨6種と一緒にケースに入ったミントセットも販売されました。
ミントセットには記念硬貨のほか、500円・100円・50円・10円・5円・1円硬貨が入っており、額面金額合計1,166円のセットが2,400円の価格で販売されています。

ケースは円形の特製のもので、上蓋を開けるとL字型に立てて飾ることができるようになっており、ケースに入れたまま貨幣の表面と裏面の両方が見える構造になっています。
ケースの色は南極の氷をイメージした白で、中板の表面には氷山、裏面には昭和基地上空のオーロラがデザインされています。

外装紙ケースには、初代南極観測船「宗谷」、「タロ」と「ジロ」の写真が使用されており、裏面には昭和基地と氷上のアデリーペンギンの写真が配されています。

なお、ミントセットの多くには年号を記した「年銘板」と呼ばれるメダルが入っていますが、この南極地域観測50周年記念硬貨が入ったミントセットには年銘板が入っていません。

発行枚数が多く希少価値は低め

南極地域観測50周年記念硬貨は、660万枚発行されています。
日本では、額面金額が小さい貨幣は大量発行される傾向があります。
660万枚は、ほかの500円記念貨幣に比べると控えめですが、十分に多い発行枚数です。

そのため、南極地域観測50周年記念硬貨には希少価値があまりなく、入手しやすい記念貨幣ではありますが、買取価格は低めで推移しています。

また、ミントセットも18万セットと多めの数が販売されています。
こちらも希少価値があまりなく、プレミア価格はほとんどついていません。

南極地域観測50周年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?

南極地域観測50周年記念硬貨は発行枚数の多さから希少価値が低く、プレミア価格はほとんどついていません。

単品の買取価格は、「額面金額の500円から700円程度」が相場です。
ミントセットの場合は、「額面金額の1,166円から1,400円程度」です。

ミントセットも買取価格が低めですが、これには発行枚数の多さや、ケースの外装が紙製であること、年銘板が入っていないことなどが影響しています。

なお、額面金額よりも価格が上乗せされるのは、基本的に未使用品などの状態の非常に良いものに限られます。
使用感や汚れのあるものの場合は、額面金額に極めて近い買取価格になる場合が多いでしょう。
そのため、状態があまり良くないものの場合は、額面金額にしかなりませんが、買取業者を利用せず金融機関などで交換してもらうのもひとつの手です。

記念貨幣を売却するおすすめの方法は?

記念貨幣を手放す場合には、「ネットの古銭買取業者」に依頼すると買取価格が高くなるためおすすめです。

店舗を構えている街の古銭買取業者は取引規模が小さく、薄利多売ができません。
そのため、ネットの買取業者に比べて買取価格が低く設定されている場合が多いです。

ネットオークションなどを利用して記念貨幣を売却する人もいますが、知識がないと価格設定が難しく、相場よりも安い値段で売って損をしているケースがよくみられます。
また、ネットオークションでは確実に売れるとは限りません。
個人取引のためトラブルも多く報告されており、リスクの高さからおすすめできる売却方法ではありません。

記念貨幣を売却する際には、取引が安全確実なうえ、買取価格が高くなる「ネットの古銭買取業者」を利用するのがおすすめです。

南極地域観測50周年記念硬貨だけを売る場合には価格が低いため、ネットの買取業者を利用するのはやや難しいですが、ほかの記念貨幣などと一緒に売却する場合には参考にしてみてください。

顧客満足度No1の記念コイン買取業者なら「古銭買取バイセル」


当サイトで一番人気がある記念コインのの買取業者は「古銭買取バイセル 」になります。

記念コインの買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



古銭買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

記念コイン買取業者バイセルの公式サイトを見てみる

まとめ

南極地域観測50周年記念硬貨は、日本が南極地域観測を始めてから50周年を記念して、2007年に発行された500円硬貨です。
単品で販売されたほか、通常硬貨と合わせたミントセットが販売されています。

660万枚という発行枚数の多さから買取価格は低めで、単品で「500円から700円程度」、ミントセットは「1,166円から1,400円程度」が相場です。
状態の良くないものは額面金額通りの買取価格になるケースが多いため、金融機関などで交換してもらうのも選択肢のひとつです。

記念貨幣を売却する場合には「ネットの古銭買取業者」を利用すると、買取価格が高くなりやすくおすすめです。
また、確実に買い取ってもらえるため、取引に安心感があります。

南極地域観測50周年記念硬貨だけを売却する場合は価格が低いため、利用するのは難しいですが、ほかの記念貨幣などと一緒に売却する場合は、ネットの古銭買取業者に依頼するとよいでしょう。

コレクションをなるべく高い値段で買い取ってもらうために、ネットの買取業者を積極的に利用することをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

坂本龍馬平成十九年銘プルーフ貨幣セットの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

ゆめ半島千葉国体・ゆめ半島千葉大会貨幣セットの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相...

NO IMAGE

議会開設100周年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

江戸開府400年記念プルーフ貨幣セットの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

夏目漱石肖像メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

つくば万博記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です