天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格の相場はいくら?

 

「天皇陛下御即位記念10万円金貨を売りたいんだけどいくらくらいするんだろう?」

何て疑問はありませんか?

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、平成天皇が御即位されたことを記念して発行された記念貨幣です。
額面金額が10万円という高額なコインですが、現在の買取価格の相場はそれを上回っており、換金する場合は銀行ではなく買取業者に依頼するのがおすすめです。

今回は、天皇陛下御即位記念10万円金貨がどういった特徴をもつ貨幣なのかといった基本情報から、その気になる買取価格の相場、おすすめの売却方法まで、詳しくご紹介します。

test

天皇陛下御即位記念10万円金貨とは?

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、平成天皇が御即位されたことを記念して、1991年(平成3年)に200万枚発行されました。
なお、コインには平成2年と刻印されていますが、発行された年は平成3年です。

これまでに発行された額面10万円の記念貨幣は2種類あり、もうひとつは、昭和天皇の御在位60年を記念して1986・1987年(昭和61・62年)に発行された「天皇陛下御在位60年記念100,000円金貨幣」です。
天皇陛下御即位記念10万円金貨は、10万円金貨として2番目に発行されたものであり、第二次世界大戦以後に発行された金貨としても2番目のものです。

なお、天皇陛下御即位記念硬貨は、500円の白銅貨も同時に発行されています。
500円白銅貨は、額面金額と同じ500円で3,000万枚販売されました。
こちらは大量の発行枚数の影響もあり、記念貨幣としてのプレミア価格はほぼついておらず、額面通りの500円程度の買取価格が一般的です。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の特徴

天皇陛下御即位記念10万円金貨には、以下のような特徴があります。

・大きさ:33mm
・質量:30.0g
・素材:純金
・発行枚数:200万枚(通常貨幣・プルーフ貨幣の合計)
・販売金額:100,000円

30gと重めの貨幣であり、これは先に発行された天皇陛下御在位60年記念金貨の20gよりも10g重くなっています。

国際的な賞を受賞した美しいデザイン

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、1993年の「コイン・オブ・ザ・イヤー」において「ベスト・ゴールド・コイン」を受賞しています。

コイン・オブ・ザ・イヤーは、世界の貨幣に関するカタログを発行している「Krause Publications社」が主催する賞で、1984年から続く国際的な権威のある賞です。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の表面には、古くから「聖天子の出現を待ってこの世に現れる」といわれる鳳凰と、めでたいことの前兆とされる瑞雲が描かれ、裏面には菊の御紋・桐・唐草がデザインされています。

天皇陛下御即位記念10万円金貨は高額な額面金額で知られていますが、デザインも高く評価されている記念貨幣です。

プルーフ貨幣も販売されている

10万円金貨は単独で販売された通常版のほか、プルーフ貨幣が10万枚販売されています。
プルーフ貨幣はコレクター向けの貨幣で、表面を鏡のように加工した特別なコインです。
模様を鮮明にするために圧印加工を2回行うなど、丁寧な処理が施されています。

プルーフ貨幣の当時の販売金額は、金貨単独で113,300円です。
ケースに封入されており、加工も特別なことから、通常版よりも高めの価格で販売されました。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格の相場

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、額面金額を上回る買取価格で取引されています。

買取価格は、「130,000円から150,000円程度」が相場です。
プルーフ貨幣は、通常版に比べて1万円程度値段が高くなる場合もありますが、全体的にみるとほぼ同程度です。

額面金額や当時の販売価格よりも値段が上がっていますが、これはコレクションとしての価値が向上したというよりも、素材である金の価格が高騰したことが強く影響しています。
天皇陛下御即位記念10万円金貨は純金製であり、重さも30gと重く、地金としての価値が高い硬貨です。

現在の買取価格は、同じ重さの金の価格に非常に近く、コレクション用としてよりも地金としての価値を基準として買取価格が決定されています。
このため、プルーフ貨幣でも通常貨幣と買取価格にあまり差がありません。
買取金額が金の価格に基づいているため、金相場が今後変動した場合は、天皇陛下御即位記念10万円金貨の価格も大きく変わることが予想されます。

なお、金貨と白銅貨のセット品もありますが、白銅貨は500円の安価なものであり、プレミア価格もついていないため、金貨単体の買取価格とほぼ変わりありません。

どこで買い取ってもらえる?おすすめの売却方法は?

天皇陛下御即位記念10万円金貨を売却するには、いくつかの方法があります。
それぞれの方法の特徴をみていきましょう。

なお、結論からいえば、「ネットの古銭買取業者」を利用すると、確実に売却できる上に買取価格が高くなる場合が多くおすすめです。

銀行での交換

記念貨幣は、銀行で通常貨幣や紙幣と簡単に交換してもらえます。
ただし、額面金額通りの金額にしかなりません。
天皇陛下御即位記念10万円金貨は額面金額以上の価格で取引されており、銀行で交換すると損をしてしまいます

プレミア価格がほとんどついていない「天皇陛下御即位記念500円白銅貨」を換金する場合は銀行を利用するのもひとつの手ですが、10万円金貨の場合は銀行ではなく買取業者を利用しましょう。

ネットオークションなどの個人取引

ネットオークションやフリーマーケットで記念貨幣を売る方法もあります。
しかし、個人取引はトラブルも多く、あまりおすすめできません。
また、フリーマーケットなどでは盗難の危険性もあります。
特に天皇陛下御即位記念10万円金貨は金額も大きく、トラブル時の被害が大きくなります。

さらに、個人取引では、確実に売れるとは限りません。
価格設定も十分な知識がないと難しく、安い価格で売却してしまって損をするケースも多くみられます。

街の古銭買取業者に持ち込む

店舗型の街の古銭買取業者に買取を依頼する方法もあります。
しかし、こうした業者は取引規模が小さい場合が多く、薄利多売ができません。
そのため、買取金額が低くなりがちです。

ネットの古銭買取業者を利用する

ネットの古銭買取業者は、日本全体の顧客を相手にしており、取引規模が巨大です。
多くの業者が優良な再販ルートを確保しており、薄利多売も可能なため、買取価格が高めに設定されています。
また、ネット業者間の競争の激しさも、買取価格の高騰に拍車をかけています。

天皇陛下御即位記念10万円金貨をなるべく高額で、安全確実に手放したい人は、ネットの古銭買取業者を利用するのがおすすめです。

顧客満足度No1の記念コイン買取業者なら「古銭買取バイセル」


当サイトで一番人気がある記念コインのの買取業者は「古銭買取バイセル 」になります。

記念コインの買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



古銭買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

記念コイン買取業者バイセルの公式サイトを見てみる

まとめ

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、平成天皇の御即位を記念して1991年に発行された記念貨幣です。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格は、「130,000円から150,000円程度」が相場です。

プルーフ貨幣や白銅貨とのセット品もありますが、買取価格に大きな差はありません。
国際的な賞を受賞したデザインの美しいコインですが、現在はコレクション用としての評価よりも、地金としての価値が重視されて買取価格が決定されています。

記念貨幣を売却する場合には、ネットの古銭買取業者を利用すると、買取価格が高めになる傾向があります。
大切なコレクションを手放すのですから、後悔しないようなるべく買取価格の高い業者を選びたいものです。
ネットの古銭買取業者をうまく活用して、おトクに記念貨幣を換金することをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

天皇陛下御在位20年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

札幌オリンピック記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

江戸開府400年記念プルーフ貨幣セットの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

地方自治法施行60周年記念貨幣の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

明石海峡大橋開通記念プルーフ貨幣セットの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

日本ブルネイ外交関係樹立30周年ブルネイ30ドル記念貨幣の買取価格の相場はいくら...