国際花と緑の博覧会記念硬貨の買取価格の相場はいくら?

 

「国際花と緑の博覧会記念硬貨を売りたいんだけどいくらくらいするんだろう?」

何て疑問はありませんか?

国際花と緑の博覧会記念硬貨は、1990年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会」を記念して発行された記念貨幣です。
5000円という高い額面の記念貨幣でありながら発行枚数が多いことや、ほかの日本の記念貨幣と異なる珍しいデザインで知られています。

今回は、国際花と緑の博覧会記念硬貨がどういった硬貨なのかといった基本情報から、その気になる買取相場、記念貨幣のおすすめの売却方法まで、詳しくご紹介します。

test

国際花と緑の博覧会記念硬貨とは?

国際花と緑の博覧会記念硬貨は、1990年(平成2年)に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会」を記念して発行されました。

国際花と緑の博覧会は、大阪府大阪市と守口市にまたがる鶴見緑地で開催され、アジアで初めて開催された国際園芸博覧会です。
「花の万博」「花博」「EXPO’90」という略称で呼ばれ、2,300万人以上にのぼる特別博覧会史上最高の総来場者数を記録しました。
日本で開催された万博としては、大阪万博・沖縄国際海洋博覧会・つくば万博に続く4番目の万博です。

国際花と緑の博覧会記念硬貨は、日本の記念貨幣で初の5000円貨幣です。
後の万博記念貨幣には複数の種類の硬貨が発行されたものもありますが、国際花と緑の博覧会記念硬貨は5000円銀貨一種類のみです。

これまで日本で万博が開催される度に記念貨幣が発行されており、国際花と緑の博覧会記念硬貨は、万博の記念貨幣の中で4番目に発行されたものです。

国際花と緑の博覧会記念硬貨の特徴

国際花と緑の博覧会記念硬貨には、以下のような特徴があります。

・大きさ:30mm
・質量:15.0g
・素材:銀合金
・素材比率:銀925、銅75
・発行枚数:1,000万枚
・販売価格:7,210円

5,000円という額面の大きな記念貨幣であり、コインの大きさも500円硬貨の26.5mmを上回っています。
また、500円硬貨の重さは7.0gなので、倍以上の重さがあります。

国際花と緑の博覧会記念硬貨は、ケースに入れられた記念貨幣セットとして、7,210円で販売されました。
ケースは白の正方形をしており、ケースを入れる外箱には多くの種類の草花が鮮やかに描かれています。
コインは花の形をしたプラスチックケースに収められており、コインについての説明書も添付されています。

少女の顔が描かれた特徴的なデザイン

硬貨の表には、花の冠をつけた少女が大きく描かれています。
これは、人間と自然界・植物界との調和を意味した図柄で、国際花と緑の博覧会のテーマが表現されています。
人の顔は外国の硬貨ではよくみかけるデザインですが、日本ではとても珍しいものです。

裏面には、万博のシンボルマークと額面金額を意味する「5000」の数字、「OSAKA EXPO’90」と「平成2年」の文字が刻印されています。

5000円硬貨としては発行枚数が多い

国際花と緑の博覧会記念硬貨は、高額な額面金額の割に発行枚数が多い記念貨幣です。

日本の記念貨幣は、額面が小さいものは大量発行されますが、額面金額の大きいものの発行枚数は少なめの傾向があります。
5000円硬貨で1,000万枚発行されたのは、この国際花と緑の博覧会記念硬貨ただひとつです。
ほかの5,000円硬貨の発行枚数は、どれも500万枚です。

発行枚数が多いため比較的手に入れやすい記念貨幣ですが、その反面希少価値が低く、流通価格も低めで推移しています。

買取価格の相場はいくらくらい?

国際花と緑の博覧会記念硬貨は、発行枚数が多く希少価値が低い記念貨幣です。
また、さほど古いものでもないため、買取価格は低めで推移しています。

国際花と緑の博覧会記念硬貨の買取価格は、「5,000円から6,000円程度」が相場です。

記念貨幣セットとして販売されたものであり、買取価格にはケースや外箱などの付属品の有無や状態の良さも影響します。
付属品のない状態のものであれば、額面金額通りの5,000円での買取となる場合が珍しくありません。
そういった場合は、買取業者ではなく銀行で交換してもらうのもひとつの手です。

買取価格をなるべく上げるためには?

国際花と緑の博覧会記念硬貨は、コインと付属品の状態によって買取価格が変化します。

記念貨幣には、地金としての評価額で取引されているものと、コレクション用としての評価額で取引されているものの2通りがあります。
国際花と緑の博覧会記念硬貨は主に銀を素材としており、地金としての価値もあります。
しかし、額面が5000円と大きいため、地金としての評価額はそれを下回っており、現在の買取価格は専らコレクション用としての評価額です。

コレクション用の記念貨幣は、付属品の有無や状態が価格に大きく影響します。
そのため、買取価格をなるべく上げるためには、ケースや外箱、説明書などを紛失したり汚したりしないよう十分に注意することが大切です。

また、買取価格は業者によって差があるため、買取価格が高めに設定されている業者を選ぶことも重要です。

どこで買い取ってもらえる?おすすめの方法は?

記念貨幣を売却するには、以下のような方法があります。

・銀行で交換してもらう
・ネットオークションなどで売却する
・街の古銭買取業者に持ち込む
・ネットの古銭買取業者を利用する

この中で特におすすめなのが、ネットの古銭買取業者を利用する方法です。

銀行での交換

銀行で交換すると、プレミア価格のついた記念貨幣でも額面通りの金額になってしまいます。
買取業者に依頼するよりも手軽ですが、記念貨幣の売却手段としてはおすすめできません。

ただし、国際花と緑の博覧会記念硬貨の状態のあまり良くないものは、業者の買取価格が額面金額の5,000円になるケースも多いです。
その場合は、手軽な銀行での交換を行うのもひとつの手です。

個人取引で売却する

ネットオークションやフリーマーケットで記念貨幣を売る人もいます。
しかし、必ず売れるとは限らず、価格設定に失敗して相場よりも安い価格で売却してしまうケースが多くみられます。
また、こうした個人売買ではトラブルのリスクがあり、トラブルの際は自分ですべて対処しなければなりません。

買取業者を利用する

確実に記念貨幣を売却でき、取引に安心感もあるのは、買取業者を利用する方法です。
中でもネットの買取業者は、買取価格が高めです。

小規模な街の買取業者の場合は、品物の再販ルートが狭く、取引規模が小さいため薄利多売ができません。
ネット買取業者は取引規模が大きく、優良な販売ルートを確保しており、買取価格を高く設定することができます。

記念貨幣を売却する場合は、ネットの買取業者を利用すると、買取価格が高くなりおトクです。

顧客満足度No1の記念コイン買取業者なら「古銭買取バイセル」


当サイトで一番人気がある記念コインのの買取業者は「古銭買取バイセル 」になります。

記念コインの買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



古銭買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

記念コイン買取業者バイセルの公式サイトを見てみる

まとめ

国際花と緑の博覧会記念硬貨は、大阪で開催された「花の万博」を記念して発行された5,000円銀貨です。

少女を描いた特徴的なデザインで人気がありますが、額面金額が大きい記念貨幣としては発行枚数が非常に多く、希少価値が低めです。
国際花と緑の博覧会記念硬貨の買取価格は、「5,000円から6,000円程度」が相場です。
買取価格には付属品の状態も影響するため、ケースや外箱、説明書を紛失したり汚したりしないよう気をつけましょう。

記念貨幣を売却する場合は、ネットの古銭買取業者を利用すると、買取価格が高めになる傾向がありおすすめです。
ネット買取業者をうまく活用して、大切なコレクションをなるべく高い値段で買い取ってもらいましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

チャールズ皇太子&ダイアナ妃 訪日記念金メダルの買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

天皇陛下御在位10年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

小惑星探査機はやぶさ記念メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

つくば万博記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

夏目漱石肖像メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

天皇皇后両陛下金婚式記念メダルの買取価格の相場はいくら?