大阪万博記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

 

「大阪万博記念硬貨を売りたいんだけどどのくらい値打ちがあるの?」

何て疑問はありませんか?

大阪万博記念硬貨は、1970年に大阪で開催された「日本万国博覧会」を記念して発行されました。
硬貨に描かれた浮世絵のような富士山と万博のシンボルマークが印象的で、そのデザイン性の高さからとても人気のある記念貨幣です。

今回は、大阪万博記念硬貨がどういった硬貨なのかといった基本的なことから、気になる買取相場、記念貨幣のおすすめの売却方法まで、詳しくご紹介します。

test

大阪万博記念硬貨とは?

大阪万博記念硬貨は、1970年(昭和45年)に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会を記念して発行された記念貨幣です。
開催日の5日前である1970年3月10日に発行され、同年の7月9日にも追加発行されました。

大阪万博記念硬貨は100円の白銅貨一種類のみで、正式名称は「日本万国博覧会記念100円白銅貨幣」です。
日本万国博覧会は開催地の名前から大阪万博と呼ばれており、記念貨幣も一般的に「大阪万博記念硬貨」と呼ばれています。

日本の記念硬貨としては、昭和39年に発行された東京オリンピック記念硬貨に続いて2番目のものです。
また、大阪万博は日本で最初の万国博覧会であり、大阪万博記念硬貨は万博を記念して発行された最初の貨幣です。

大阪万博記念硬貨の特徴

大阪万博記念硬貨には、以下のような特徴があります。

・大きさ:28mm
・質量:9g
・素材比率:銅75、ニッケル25
・発行枚数:4,000万枚

500円硬貨の大きさが26.5mm、質量が7.0gなので、大阪万博記念硬貨は500円硬貨よりも大きな100円硬貨です。

表面には、日本を代表する浮世絵画家の葛飾北斎が描いた富嶽三十六景のひとつである「赤富士」がデザインされています。
裏面には、地球を背景に大阪万博のシンボルマークが描かれています。

「赤富士」はもとより、大阪万博のシンボルマークもデザイン性が高く評価されています。
両者が刻印された大阪万博記念硬貨は、そのデザインの美しさから人気の高い記念貨幣です。

大阪万博記念硬貨の買取価格の相場は?

大阪万博記念硬貨の買取価格をみていきましょう。
大阪万博記念硬貨は単品で販売されたほか、通常の硬貨とセットになった「ミントセット(貨幣セット)」の形式でも販売されています。

単品の買取相場

大阪万博記念硬貨の発行枚数は4,000万枚と多く、あまり希少価値の高い硬貨ではありません。
そのため、単品だと「200円から500円程度」が買取価格の相場です。

状態があまり良くないものの場合は、額面金額の100円に限りなく近い買取価格になるケースもあります。
その場合は、額面金額の100円にしかなりませんが、銀行で交換してもらうのもひとつの手です。

なお、通常の店舗でも記念貨幣を使うことができますが、偽物と区別がつかないため、店員に使用を断られる場合があります。
また、通常の硬貨と大きさや重さが異なるため、自動販売機での利用はできません。

ミントセットの買取相場

大阪万博記念硬貨が入ったミントセットも、当時販売されました。
ミントセットは、造幣局が発行する硬貨をケースに収納して販売するもので、貨幣セットとも呼ばれます。

昭和45年のミントセットには大阪万博記念硬貨が入っており、当時発行されていた通常の100円・50円・10円・5円・1円硬貨と一緒に、主に海外向けに販売されました。
このミントセットは白い外装で、硬貨は内側のビニールに封入されています。

昭和45年のミントセットの販売数は26,000セットで、希少価値があることから高めの値段で取引されています。
古いもののため状態によって価格に幅がありますが、ミントセットの買取価格は「1,000円から2,000円程度」が相場です。
ミントセット内の硬貨の額面金額は266円であり、それと比べると大幅に高い買取価格です。

高額で買い取ってもらうには?

大阪万博記念硬貨をなるべく高額で買い取ってもらうためには、コインやケースを良い状態に保つ必要があります。

コインを素手で触ると、手の油と化学反応を起こして変色してしまいます。
コインを扱う際には手袋を使い、普段はコインケースなどに入れて保管しておくことが大切です。

また、汚れているからといって洗浄するのはおすすめできません。
薬剤を使ったり強くこすったりすると、コインが傷ついて買取価格が下がってしまいます。
汚れやホコリを取る場合でも、乾いた布で表面を軽くふき取る程度にとどめておくとよいでしょう。

さらに、ミントケースの場合は、ケースの状態によって買取価格が大きく変動します。
ミントケース自体をビニールケースや袋に入れて保護しておくなど、汚れや劣化から守る工夫が大切です。
間違っても、内部のビニールを破ってコインを取り出したりしないようにしてください。
ミントケース入りの大阪万博記念硬貨を売却する場合は、ケース自体の取り扱いにも十分注意して、ケースごと査定してもらうことが大切です。

記念硬貨のおすすめの売却方法は?

大阪万博記念硬貨などの記念貨幣を売却するには、いくつかの方法があります。

・銀行で額面金額が同じ現行貨幣と交換してもらう
・ネットオークションやフリーマーケットで売る
・店舗型の古銭買取業者に持ち込む
・ネットの古銭買取業者を利用する

この中で買取価格が高くなり、取引に安心感もあるのが、ネットの古銭買取業者を利用する方法です。

ネット買取業者は買取価格が高め

銀行での交換は額面金額通りの価格になってしまい、硬貨の状態が極めて悪い場合以外は損をしてしまいます。
また、ネットオークションやフリーマーケットは知識がないと価格設定が難しく、相場よりも安く売却して損をしてしまうケースも多くみられます。
さらに、店舗型の販売業者は商売の規模が小さい場合が多く、買い取った品物を換金するルートが狭くなりがちです。
このため、店舗型の販売業者は多くの場合、買取価格が低めです。

ネット買取業者は、日本中の顧客を相手にしているため取引規模がとても大きく、優良な再販ルートをしっかりと確保しています。
このため、店舗型の業者などと比べて買取価格が高めです。

ネット買取業者は安心

ネットオークションなどの個人取引では、支払いなどに関するトラブルが多数報告されています。
それに対して、大手のネットの買取業者には多くの取引実績があり、安心感があります。

また、ネット業者を利用すると、出張買取・宅配買取・メール査定などから自分にあった手続方法を選ぶことができます。

記念硬貨を手放す場合には、買取価格が高めで安心感もあるネットの買取業者を利用するのがおすすめです。

顧客満足度No1の記念コイン買取業者なら「古銭買取バイセル」


当サイトで一番人気がある記念コインのの買取業者は「古銭買取バイセル 」になります。

記念コインの買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



古銭買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

記念コイン買取業者バイセルの公式サイトを見てみる

まとめ

大阪万博記念硬貨は、大阪で開催された日本万国博覧会を記念して、1970年に発行された額面100円の白銅貨です。

高いデザイン性が評価されている人気の高いコインですが、発行枚数が4,000万枚と多いため、単品での買取価格の相場は200円から500円程度です。
また、ほかの硬貨とセットになったミントセットも当時海外向けに販売されており、こちらは1,000円から2,000円程度の買取価格が期待できます。

記念貨幣を売る場合には、ネットの古銭買取業者を利用すると、買取価格が高くなりおすすめです。
少しでも高い金額で記念貨幣を売るために、ネット業者を上手に活用しましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

南極地域観測50周年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

裁判所制度100周年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

国際花と緑の博覧会記念硬貨の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

瀬戸大橋開通記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

東京スカイツリー開業記念メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇が相場です