新幹線鉄道開業50周年記念貨幣の買取価格の相場はいくら?

 

「新幹線鉄道開業50周年記念貨幣を売りたいんだけどいくらくらいするんだろう?」

何て疑問はありませんか?

コインに「新幹線鉄道開業50年」と刻印されていれば、それは「新幹線鉄道開業50周年記念貨幣」です。

記念貨幣は、ある程度の年数が経ってから価格が上がるのが通常です。
しかし、この新幹線鉄道開業50周年記念貨幣は、発行が2014-2016年(平成26-28年)と比較的新しいにも関わらず、種類によっては既にプレミア価格がついています。

今回は、新幹線鉄道開業50周年記念貨幣がどういった貨幣で、どんな種類があるのかといったことから、気になるその買取相場や、高く買い取ってもらうための方法まで、詳しくご紹介します。

test

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣とは?

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣は、2014年10月1日に新幹線が開業50周年を迎えるのを記念して発行された記念貨幣です。

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣には、千円貨幣1種と百円貨幣9種の合計10種類があります。
2014年に純銀製の千円貨幣が発行され、2015-2016年に百円貨幣が発行されました。

百円貨幣は発行枚数が多く、あまり高額な値段では取引されていません。
しかし、千円貨幣は発行枚数が5万枚と少なく、既にプレミア価格がついています。

千円貨幣の特徴と相場

千円貨幣は、特殊な技術を用いたカラーコインで、準銀製のとても豪華な装飾の貨幣です。
また、日本の高度成長の象徴である新幹線0系電車がデザインされており、記念貨幣の収集家と新幹線の愛好家の両方から高い人気を集めています。

さらに、5万枚という少ない発行枚数が人気に拍車をかけています。
額面が1,000円の貨幣が8,300円という値段で販売されたにも関わらず、5万枚の販売に対して533,810件の申し込みが殺到しました。

千円貨幣にはこうした高い人気を集める要素が多いため、発行されて間もないにも関わらずプレミア価格で取引されている珍しい貨幣です。

千円貨幣の買取相場は、「20,000円程度」です。
ケースなどの付属品がそのまま残されている新品の状態であれば、最大30,000円程度まで価格が上がる場合もあります。

額面が低額の新しい記念貨幣で、これだけの高値がつくのはとても珍しいケースです。

百円貨幣の特徴と相場

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣の百円貨幣は、2015-2016年に9種類が発行されました。
9種類の百円貨幣の表面には、東海道・山陽・東北・上越・北陸・山形・秋田・九州・北海道の各新幹線がデザインされており、裏面は共通のデザインで新幹線0系電車が描かれています。
百円貨幣はそれぞれが単品で発行されたほか、2015年に5種セット、2016年に4種セットと9種セットが販売されています。

百円貨幣は、各種類が228万枚から301万枚程度発行されています。
5万枚の発行枚数だった千円貨幣に比べると極めて枚数が多く、希少価値が低いため高値では取引されていません。
また、素材もありふれた銅とニッケルであり、地金としての価値もありません。

百円貨幣は、「額面金額の100円付近」での買取となる場合が多いでしょう。
ただし、9種セットなどがケースに入った状態であれば、コレクション用として1枚あたり最大300円程度まで値段が上がる可能性があります

買取価格を高くするためには?

記念貨幣をなるべく高く買い取ってもらうには、いくつかのコツがあります。
新幹線鉄道開業50周年記念貨幣の買取価格を上げる方法をご紹介します。

付属品が重要

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣は、地金としての価値ではなく、コレクション用の価値で買取価格が決まっています。
コレクション用の貨幣の場合は、貨幣の状態とともに、ケースなどの付属品の状態がとても重要です。
付属品がある場合は、貨幣と同様に大切に扱い、なるべく良い状態に保つことが大切です。

セットはまとめて売却

百円貨幣は、5種・4種・9種のセット販売も行われました。
こうしたセットはコレクションとしての価値が高く、ケースと一緒にまとめて売却することが大切です。
百円貨幣は、単品では額面に近い価格で買取になる場合が多いですが、セットであれば1枚あたり最大300円程度まで価格が上がる場合があります。

ネットの古銭買取業者を利用する

記念貨幣を売却する際には、ネットの古銭買取業者を利用すると買取価格が高くなるケースが多いです。

買取業者は、コインを再度販売することで利益を得ています。
そのため、優良な販売ルートをもつ業者ほど買取価格は高くなります。

小規模な街の買取業者などの場合は、取引規模が小さいため販売ルートが限られており、買取価格が低くなる傾向があります。
ネット買取業者は取引規模が大きく、優良な販売ルートを確保しているため、買取金額を高く設定できます。

記念貨幣の売却の際は、ネットの古銭買取業者を利用するのが買取価格を高くするコツです。

どこで買い取ってもらえる?

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣の売却には、いくつかの方法があります。

ネットオークションなどの個人取引

現在、ネットでの個人間売買が盛んに行われており、ネットオークションで記念貨幣の売却を行う人もいます。
しかし、必ず売却できるとは限らないうえ、価格設定が難しく損をしてしまうケースも多くみられます。
また、個人間売買なのでトラブルの危険性が常にあり、トラブルが起こった場合は自分ですべて対処しなければいけません。
さらに、出品や送付、落札者とのやり取りなど、多くの手間がかかります。

こうした点を考慮すると、ネットオークションなどの個人取引はあまりおすすめできません。

街の買取業者に依頼する

店舗を構えている地元の買取業者に持ち込んで、買取を依頼する方法もあります。
店舗であれば鑑定しているところを直接見ることができ、査定価格が気に入らなければ断ることも簡単なので、安心感があります。

しかし、小規模な買取業者は販売ルートが狭いことが多く、買取価格が低めの傾向があります。
また、直接店舗まで出向く時間と手間がかかります。

街の買取業者もネットオークションと同じく、あまりおすすめできません。

ネットの買取業者を利用する

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣を売りたい場合は、ネットの買取業者に依頼するのがおすすめです。

ネットの買取業者は日本中の顧客を対象としているため、取引規模がとても大きいです。
そのため、優良な販売ルートを複数確保している場合が多く、比較的高額での買取が可能です。
記念貨幣を高く売りたい場合は、ネットの買取業者を利用しない手はありません。

また、ネット買取業者では、自宅まで鑑定士が来てくれる出張買取サービスを利用できます。
出張買取を利用すれば、店舗に出向く手間が省けて便利です。

自宅に来て欲しくない場合や、忙しく時間が調整できない場合は、「宅配買取」を利用する手もあります。宅配買取は、記念貨幣を業者に送って査定と買取をしてもらう方法です。
自分の好みに合わせて、買取方法を選ぶとよいでしょう。

顧客満足度No1の記念コイン買取業者なら「古銭買取バイセル」


当サイトで一番人気がある記念コインのの買取業者は「古銭買取バイセル 」になります。

記念コインの買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



古銭買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

記念コイン買取業者バイセルの公式サイトを見てみる

まとめ

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣は、2014-2016年に発行された比較的新しい記念貨幣です。
千円貨幣1種と百円貨幣9種の合計10種類があり、希少価値の高い千円貨幣は2万円から3万円程度のプレミア価格がついています。
その一方で、百円貨幣は発行数が多く、額面の100円から最大でも300円程度の買取価格です。

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣を売りたい場合は、買取価格が高く安心感のあるネット買取業者を利用するのがおすすめです。
ネット買取業者を上手に利用して、なるべく高く記念貨幣を買い取ってもらいましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

野口英世肖像メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

東京スカイツリー開業記念メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇が相場です

NO IMAGE

チャールズ皇太子&ダイアナ妃 訪日記念金メダルの買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

国際連合加盟50周年記念1000円銀貨幣の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

長野オリンピック記念硬貨の買取価格の相場はいくら?プレミアコインはどれ?

NO IMAGE

天皇皇后両陛下金婚式記念メダルの買取価格の相場はいくら?