1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

 

現在も流通している1円硬貨。
その発行50周年を記念して販売された「1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セット」の買取相場についてご紹介します。

プルーフ貨幣は通常の貨幣と違い、表面に特別な加工を施されており、その輝きは別格です。
1円から500円までの硬貨に、すべてプルーフ加工を施した1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セット。

売却を検討されている方にこちらの記事が参考になれば嬉しいです。

test

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットとは?

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットとは、1円貨幣が誕生してから50周年を記念して発行された記念硬貨のことをいいます。

「貨幣セット」という名前からもわかるように、2005年に発行された1円から500円までの各硬貨のプルーフ貨幣と記念メダルをセットにして発行されました。

発行年2005年(平成17年)
発行金額666円(1円、5円、10円、50円、100円、500円の各硬貨)
発行数34,000セット
販売価格13,000円
セット内容・各硬貨のプルーフ貨幣版
・1円玉と若木をモチーフにカラー印刷した記念メダル
・青いケース
 表面:1円玉を山積みにした写真の台紙
 裏面:1円硬貨を並べた写真の台紙
・白いパッケージ
 表面:1円硬貨の裏面を大きく一面に印刷
 裏面:1円硬貨の年代別発行数の一覧

セットすべてが1円玉をモチーフにしており、発行50周年をお祝いする様子がうかがえます。

硬貨の中心に収納されている記念メダルは、1円硬貨を大きくしたようなデザインで、見た目にもおもしろい貨幣セットです。

通常、貨幣セットは造幣局が発行し、電話やオンラインショップ、造幣局構内にあるミントショップで購入できます。
1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットの一部は、造幣東京フェアでも販売されました。

現在は販売を終了しています。

プルーフ貨幣とは?普通の貨幣との違い

「プルーフ硬貨」とは、表面を鏡のように磨いた硬貨のこと。
主にコレクションとして収集されるために作られており、ケースに収納されて発売されています。

プルーフ貨幣の製造方法は、表面を磨きあげた金型を使用したり、模様を鮮明にするため圧印を2回打ちしたりといった特別な手法で製造されています。

通常の貨幣と比べて硬貨の輝きがまったく違いますが、市場で使用することも可能です。
ただ、プルーフ貨幣セットをお持ちの場合は、市場で使うよりも、売却したほうがお得なので注意してくださいね。

記念硬貨が発行された「1円アルミニウム貨幣誕生50周年」ってどんな出来事?

現在も使用されている1円硬貨は、1955年(昭和30年)に発行されました。
1円硬貨のデザインは一般公募により決定し、表裏どちらも公募の中から選ばれたデザインです。

消費税の税率によって発行枚数が変わってくるため、発行年数によっては希少価値のある1円玉もあるのだとか。

ちなみに現在の1円硬貨が発行される前は、1円札が流通していたそうです。
すぐに破れたり汚れたりする紙幣から硬貨になったことで、1円玉の使い勝手が上がったことは言うまでもありませんね。

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットの買取価格の相場はいくら?

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットの買取価格の相場は、あまり期待できない可能性が高いでしょう。

というのも、発行数が多いことと、現在も流通している貨幣が中心となっているので、希少価値が高くないからです。

ただし、プルーフ貨幣セットは額面以上の金額で販売されています。

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットの買取相場は1000円~1500円程度になります。

手放すことを検討しているのであれば、市場で使うのではなく、買取業者への査定をお勧めします。

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットを買い取ってもらえるのはどんなところ?

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットを買い取ってもらえる場所は、いくつかありますが、おすすめは古銭買取業者を利用しての売却です。

記念硬貨の手放す際、まず思い浮かぶのが、ネットオークションやフリマアプリの利用ではないでしょうか?
スマホを利用して出品できるサービスも増え、比較的手軽に手放すことができるようになりました。

確かに手軽ではありますが、この方法での売却はあまりオススメできません。

というのも、落札者や購入者の多くは記念硬貨の価値を知らない人が多いからです。

知識のない人からすると、プルーフ貨幣セットというのは「きれいな硬貨のセット」という認識しかありません。
せっかくの1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットを、相場よりも安く買われてしまう可能性も高いのです。

やはり古銭買取業者のように、適正な価値がわかる人に査定してもらうことが好ましいです。

古銭買取業者は古い小判のような古銭しか取り扱っていないように感じますが、実際にはプルーフ貨幣セットの買取もおこなっています。

価値をきちんと理解している古銭買取業者であれば、安く買いたたかれる心配もありません。

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットの売却を考えたら、古銭買取業者へ査定を依頼してみましょう。

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットを高く買い取ってもらうコツとは?

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットを高く買い取ってもらうには、付属品がそろっていることが不可欠です。

プルーフ加工されているとはいえ、現在も流通している貨幣が中心となっているため、それぞれの貨幣に大きな価値はありません。

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットに付属している

・記念メダル
・青い収納ケース
・白いパッケージ

すべて揃っていることで初めて、貨幣セットとしての価値が高まります。

1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セットを査定に出す際は、付属品がすべて揃っていることを確認してみましょう。

顧客満足度No1の記念コイン買取業者なら「古銭買取バイセル」


当サイトで一番人気がある記念コインのの買取業者は「古銭買取バイセル 」になります。

記念コインの買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



古銭買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

記念コイン買取業者バイセルの公式サイトを見てみる

さいごに

現行の1円硬貨の発行50周年を記念して発行された1円アルミニウム貨幣誕生50周年2005プルーフ貨幣セット。
普段流通している貨幣と違い、プルーフ加工されている硬貨の輝きは別格です。
売却する際は、付属品をすべて査定に出すことで、買取額のアップを期待できますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

東京スカイツリー開業記念メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇が相場です

NO IMAGE

内閣制度創始100周年記念500円白銅貨幣の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

夏目漱石肖像メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

天皇陛下御在位20年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

小笠原諸島復帰50周年記念千円銀貨幣の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

奄美群島復帰50周年記念貨幣の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です