おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

 

「おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットを売りたいけど価値はどのくらいあるんだろう?」

何て疑問はありませんか?

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットは、2011年に山口県で開催された第66回国民体育大会と第11回全国障害者スポーツ大会を記念して、造幣局から発行された貨幣セットです。
発行数の少ない貨幣セットであり、希少価値の高さから額面金額を上回る価格での買取が行われています。

今回は、おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットの基本情報から、その気になる買取価格の相場、貨幣セットをなるべく高く売る方法まで、詳しくご紹介します。

test

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットとは?

第66回国民体育大会の本大会(冬季競技以外の競技会)と第11回全国障害者スポーツ大会は、2011年10月に山口県で開催されました。
第66回国民体育大会の本大会は「おいでませ!山口国体」、第11回全国障害者スポーツ大会は「おいでませ!山口大会」という愛称で呼ばれ、この2大会の開催を記念して発行されたのが「おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セット」です。

国民体育大会が山口県で行われたのは1963年以来48年ぶりであり、全国障害者スポーツ大会が開催されたのは初めてのことでした。
なお、「おいでませ!」は山口弁で「いらっしゃいませ!」の意味で、公募によって愛称が決定しています。

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットは、国民体育大会と全国障害者スポーツ大会の開催を記念した貨幣セットとしては3番目のものです。
2009年に発行された「トキめき新潟国体・トキめき新潟大会貨幣セット」が最初のもので、2番目に発行されたのが2010年の「ゆめ半島千葉国体・ゆめ半島千葉大会貨幣セット」です。
これ以降も国体の開催を記念した貨幣セットが継続的に発行されており、コレクターにとって魅力ある貨幣セットシリーズのうちのひとつです。

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットの特徴

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットには、以下のような特徴があります。

・収納硬貨:通常貨幣6枚(500円・100円・50円・10円・5円・1円)
・額面金額合計:666円
・付属品:年銘板(純銀製)
・販売価格:1,800円
・販売数:8,109セット

なお、名前に記念貨幣セットとありますが、記念貨幣は入っていません。
プルーフ貨幣などの特別な加工を施された貨幣でもなく、未使用の通常貨幣6枚が収納された貨幣セットです。

大会マスコットがデザインされた外箱

外箱は黄色を基調としており、貨幣をイメージした形の中にさまざまな「ちょるる」が描かれています。
また、外箱の内側には貨幣セットの説明が記されています。

「ちょるる」は、「おいでませ!山口国体」と「おいでませ!山口大会」のマスコットキャラクターです。
特色ある緑色の髪型は山口の「山」の形で、顔の部分は山口の「口」を表現しています。
名前は、山口弁の語尾に多用される「~ちょる(~している)」という言葉にちなんだものです。
なお、「ちょるる」は大会終了後、おいでませ山口観光宣伝部長を経て、2012年10月から山口県PR本部長になっています。

純銀製の年銘板が付属している

この貨幣セットには、純銀製の年銘板が付属しています。
年銘板は、貨幣セットの多くに付属しているメダルのようなもので、貨幣セットの発行年やその年の干支がデザインされています。

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットの年銘板は、1円玉と同じくらいの大きさの四角形です。
表面には「ちょるる」のイラストが描かれ、裏面には製造年を表す「’11」の文字と干支の
「卯(うさぎ)」のイラストがデザインされています。

年銘板は、貨幣セットの価値を高める重要なものです。
なくしたり汚したりすると貨幣セットの価値が下がるため、大切に扱うようにしましょう。

希少価値が高い貨幣セット

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットは、大会期間中に会場に臨時設置された郵便局の出張所のほか、山口県内の6つの郵便局で限定販売されました。
当初は7,000セットの販売予定でしたが、最終的には8,109セットが販売されています。

予定よりも若干増えたとはいえ、非常に少ない発行数です。
そのため、記念貨幣が含まれていない通常貨幣セットにも関わらず、額面金額以上の価格で買取が行われています。

買取価格の相場はいくらくらい?

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットの買取価格は、「1,500円から1,800円程度」が相場です。

通常貨幣のみの貨幣セットの場合、額面金額の666円に近い価格での買取となるケースも多いですが、この貨幣セットは比較的高値で取引されています。
これには、発行数が少なく希少価値が高いことが関係しています。
また、国体を記念した貨幣セットが継続的に発行されており、シリーズとして揃えたいコレクターの需要も影響しています。

貨幣セットをなるべく高く売るコツは?

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットは、コレクションとしての価値で取引されています。
コレクションとしての価値には、外箱やケース、年銘板といった付属品の状態が深く関係しています。
貨幣セットをなるべく高く売るためには、付属品をなるべくきれいな状態に保つことが重要です。

普段は光などで劣化しないよう外箱ごと袋や箱に入れて保護し、安全な場所に保管しておきましょう。
コインや年銘板もケースから取り出さず、ケースに入れたまま鑑賞することをおすすめします。

なお、おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットに収納されている貨幣は通常貨幣であり、記念貨幣と比べると、コインの状態は買取価格に影響を及ぼしません。

貨幣セットを売却するおすすめの方法は?

貨幣セットを売却する際には、「ネットの買取業者」を利用するのがおすすめです。

店舗を構えている街の買取業者は取引規模が小さく、その影響から買取価格が低めに設定されています。

また、ネットオークションなどで貨幣セットを売却しようとする人もいますが、そうした個人取引では売れる保証はありません。
相場の知識がないと価格設定も難しく、相場よりも安い値段で売って損をしているケースが多くみられます。
さらに、個人取引でのトラブルも多数報告されており、おすすめできる売却方法ではありません。

ネットの買取業者は、取扱商品であれば確実に買い取ってくれます。
また、ネットの買取業者は日本中の顧客を相手にしており、薄利多売が可能なことから買取価格が高めに設定されています。
貨幣セットを売却する際には、ネットの買取業者を利用するのがおすすめです。

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットだけを売却する場合は、価格が低いためネットの買取業者を利用するのは難しいかもしれませんが、ほかの貨幣セットや記念貨幣と一緒に売却する場合などの参考にしてみてください。

顧客満足度No1の記念コイン買取業者なら「古銭買取バイセル」


当サイトで一番人気がある記念コインのの買取業者は「古銭買取バイセル 」になります。

記念コインの買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



古銭買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

記念コイン買取業者バイセルの公式サイトを見てみる

まとめ

おいでませ!山口国体・おいでませ!山口大会開催記念貨幣セットは、2011年に山口県で開催された第66回国民体育大会の本大会と第11回全国障害者スポーツ大会を記念して発行された貨幣セットです。
名前とは裏腹に記念貨幣は入っていませんが、発行数が少なく、国体を記念した貨幣セットシリーズのひとつであることから、額面金額よりも高い価格で買取されています。

買取価格は、「1,500円から1,800円程度」が相場です。

貨幣セットを手放す際には「ネットの買取業者」を利用すると、確実に売却できるうえ買取価格が高くなります。
貴重なコレクションをなるべく高い値段で買い取ってもらうために、ネットの買取業者を積極的に利用することをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

九州新幹線全線開業公式記念メダルの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

国際花と緑の博覧会記念硬貨の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

トキめき新潟国体・トキめき新潟大会貨幣セットの買取価格の相場はいくら?〇〇円が相...

NO IMAGE

天皇皇后両陛下金婚式記念メダルの買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

南極地域観測50周年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

大阪万博記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です