2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

 

「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨を売りたいんだけどどのくらいの価値があるんだろう?」

何て疑問はありませんか?

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨は、静岡県で開催された2007年ユニバーサル技能五輪国際大会を記念して、造幣局から発行された額面金額1,000円の銀貨幣です。
鮮やかに彩色されたカラーコインで、大きな純銀製のコインであることから、額面金額を上回る価格で流通しています。

コレクションとして記念貨幣を持っていると、売るつもりがなくても、今どれくらいの価値があるのか気になりますよね。
古い荷物の整理や引越の準備などで記念貨幣を見つけて、どういったコインなのか知りたいと思っている人や、高く売れるなら売却したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

今回は、2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨がどういった特徴をもつコインなのかといった基本情報から、現在の買取価格の相場、記念貨幣を高く売るためのおすすめの方法まで、詳しくご紹介します。

test

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨とは?

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会は、2007年11月に静岡県静岡市と沼津市で、第39回国際技能競技大会と第7回国際アビリンピックを同時開催した大会のことです。

国際技能競技大会は、若手の技能労働者の技能を競う大会です。
競技種目は石工からグラフィックデザイン、料理まで多岐にわたり、職業訓練の振興と国際親善を目的として行われます。
また、国際アビリンピックは、障害者の職業的自立意識の喚起や、それに対する社会の理解の促進などを目的として、ほぼ4年に1度開催される障害者の技能競技大会です。

この2つの大会の同時開催は史上初めてのことであり、この2大会と併催するイベントなどをあわせて「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」と呼ばれました。
ユニバーサル技能五輪国際大会という独立した大会が存在するわけではありません。

この史上初の大会の開催を記念して発行された記念貨幣が、「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨」です。

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨の特徴

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨は、額面金額1,000円の銀貨幣1種類のみが発行されました。
この記念貨幣には、以下のような特徴があります。

・大きさ:40mm
・質量:31.1g
・素材:純銀
・販売価格:6,000円
・発行枚数:8万枚

コインは40mmと非常に大きく、重量感があります。
純銀製であるため製造費用が額面金額を大きく上回っており、いわゆる「プレミアム型」に分類される記念貨幣です。

色鮮やかなカラーコイン

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨は、複数の色を使用したカラーコインです。
表面には、2本の虹と大会のシンボルマークが色鮮やかに描かれており、「ユニバーサル技能五輪」の文字も刻印されています。
裏面には開催地の静岡県にちなんで富士山が大きく描かれており、大会を象徴するデザインに仕上がっています。

すべてプルーフ貨幣セットとして販売された

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨は8万枚発行されましたが、すべてケースに収納されたプルーフ貨幣セットとして販売されました。

プルーフ貨幣は、コレクター向けに特別な加工を施した貨幣です。
表面が鏡のように磨き上げられているほか、圧印と呼ばれる加工を2回行うなど、丁寧に製造されているコインです。

ケースは大会のシンボルマークの色にちなんだオレンジ色で、コインはプラスチックケースに入っており、直接触れることなく表裏の図柄を確認できるようになっています。
また、外箱は白色で、大会のシンボルマークが中央に描かれています。

発行枚数が少なめ

発行枚数は、額面金額が1,000円の貨幣としては少なめの8万枚です。
額面金額の6倍の6,000円という価格で販売されたにも関わらず応募が殺到し、抽選倍率は8倍を超えました。

なお、希少価値が高めな記念貨幣ですが、残念ながら今のところ高額なプレミア価格はついていません。
価格が高騰していない理由としては、オリンピックや万博を記念した記念貨幣とは異なり、知名度のそれほど高くない大会がテーマであることが挙げられます。

買取価格の相場はいくらくらい?

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨は、発行枚数が少なめではありますが、高額なプレミア価格はついていません。

買取価格は「1,500円から3,000円程度」が相場です。

発行枚数と流通量の少なさから、ほかの記念貨幣と比べて買取価格にやや幅があります。

低い買取価格は、銀の地金としての価値で買取価格が決定されているケースです。
2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨は大きめの純銀製であり、地金としての価値もあります。
現在の買取価格の下限金額は、コインと同じ重さの銀の価格とほぼ同等です。
そのため、銀の価格相場が変動すれば、買取価格にも変化があると予想されます。

その一方で、コレクション用の価値で買取価格が決定されている場合もあり、買取価格の上限金額は地金としての価値を上回っています。
売却する際は価格を比較して、より高い買取業者を選ぶことをおすすめします。

記念貨幣の買取価格をなるべく高くするには?

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨の買取価格を上げるためには、コインや付属品をなるべくきれいな状態に保つことが重要です。

買取業者は、品物を収集家などに再販売することで利益を得ています。
その際には、コインと付属品の状態が価格に直結します。
そのため、コインが汚れていたり、ケースなどの付属品が欠けたりしていると、買取価格が減額されてしまいます。

普段はケースごと袋や箱に入れておき、劣化しないよう光の当たらない場所に保管しておきましょう。
コインにも直接触れるようなことはせず、収納されているプラスチックケースに入れたままにしておきましょう。

どこで買い取ってもらえる?おすすめの売却方法は?

記念貨幣を売却する方法には、いくつかの種類があります。
その中でも特におすすめなのが、「ネットの買取業者」を利用する方法です。

個人間売買

近年、ネットオークションなどを利用した個人間売買が盛んに行われており、記念貨幣をそうした方法で売却しようとする人もいます。
しかし、ネットオークションでは売れる保証はありません。
また、知識がないと価格設定が難しく、相場よりも安い値段で売って損をしているケースも多くみられます。
さらに、出品・発送・購入者とのやり取りにも時間と手間がかかり、トラブルのリスクも高めです。
デメリットの多さを考えると、個人間売買はあまりおすすめできません。

店舗型の業者

店舗を構えている街の買取業者を利用する方法もあります。
確実に買い取ってもらえるメリットはあるものの、店舗型の業者は取引規模が小さいことが多く、その影響から買取価格が低めです。

ネットの買取業者

ネットの買取業者は日本中の顧客を対象としており、取引規模が非常に大きいです。
そのため薄利多売が可能であり、買取金額が高めに設定されています。
また、取扱商品であれば確実に買い取ってくれるうえ、自宅に来てくれる出張買取や品物を送る宅配買取などが選べるため、取引に安心感があります。

記念貨幣を手放す際には、「ネットの買取業者」を利用することをおすすめします。

顧客満足度No1の記念コイン買取業者なら「古銭買取バイセル」


当サイトで一番人気がある記念コインのの買取業者は「古銭買取バイセル 」になります。

記念コインの買取業者バイセルは顧客満足度以外にも以下の分野で1位に輝いています。 他にもおすすめの点は以下になります。

おすすめのポイント
・買取実績月間20000件以上と業界トップクラス

・査定額が他店よりも1円でも安ければ全品返却

・査定料、出張料などは無料

・現金即払い、宅配なら即振込

・日本全国対応

・申し込みから最短30分で訪問可能


買取方法も三種類に対応しています。

買取の申し込みからの流れ



古銭買取バイセルの公式サイトはこちらをどうぞ。

記念コイン買取業者バイセルの公式サイトを見てみる

まとめ

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨は、静岡県で行われた2007年ユニバーサル技能五輪国際大会を記念して発行された額面金額1,000円の銀貨幣です。

発行枚数は少なめですが、さほど大きなプレミア価格はついていません。
買取価格にはやや幅があり、「1,500円から3,000円程度」が相場です。
買取価格はコインやケースの状態に大きく左右されるため、普段から付属品も含めて大切に扱いましょう。

記念貨幣を売却する際には、「ネットの買取業者」を利用すると、買取価格が高額なうえ、確実に買い取ってもらえます。
大切なコレクションをなるべく高値で売却するために、ネットの買取業者を積極的に利用することをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

日本ブルネイ外交関係樹立30周年ブルネイ30ドル記念貨幣の買取価格の相場はいくら...

NO IMAGE

議会開設100周年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

内閣制度創始100周年記念500円白銅貨幣の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

小笠原諸島復帰50周年記念千円銀貨幣の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です

NO IMAGE

天皇陛下御在位10年記念硬貨の買取価格の相場はいくら?

NO IMAGE

皇太子殿下御成婚記念硬貨の買取価格の相場はいくら?〇〇円が相場です